大型バイク(国産車)の中古車流通状況

大型クラスの中古車バイク流通状況 | バイク買い取り.biz

大型バイク(国産車)の中古車バイク流通状況

大型クラスの中古車は、400ccクラスや250ccクラスに比べて圧倒的に少ないです。
免許区分の事情から普通自動二輪免許しか所持していない人もいることから、それは仕方が無いことだと思います。また、250ccクラスを超えて排気量が大きくなってくると、バイクの利便性は下がり、趣味性が高まります。
つまり、大型クラスのバイクは趣味性重視の乗り物となってしまうのです。

 

2012年の大型バイクの流通状況

輸入車は置いておいて、国産車の流通状況を考えてみたいと思います。というのも、ハーレーダビッドソンやBMW、トライアンフといった海外メーカーブランドは取扱いを限られてしまうからです。ハーレーほどのビッグネームにもなれば国産車と混じって中古車流通していますが、輸入車の扱いはどうしてもディーラーや専門店に多く見られてしまいます。

 

では、特に中古車流通が多い国産車を上げてみましょう。
「VMAX」、「W650」の台数が非常に多いです。どちらのバイクも中古販売店で見かけることも多いです。どちらも人気車両で、特に最近はW650が、お店側にもお客さんにも人気のようです。

 

続いて多いのが、「隼」「YZF−R1」といったリッタークラスモデルです。
この手のバイクは憧れは強いものの、いざ乗ってみたら持て余してしまうこともあり、買取や下取に出してしまうことが多いのかなと思われます。そして、中古車として多くの台数が出回っているとも考えられます。

 

その他としては、「CB750」、「ゼファー750」、「ゼファー1100」、「XJR1300」、「CB1300SF」などの750クラスからリッターオーバーのネイキッドが目立ちます。大型クラスにおいても、ネイキッドというジャンルは安定した人気があるようです。特にゼファー系は大型のみならず400ccクラスでも人気が高いモデルですね。

 

750ccクラスの大型バイクが人気

総合して言えるのは、リッタークラスよりも750cc前後のミドルクラスのほうが需要が高まってきていることです。
趣味の乗り物であったとしてもリッターオーバーは持て余しがちで、ミドルクラスに落ち着く人が多いということなのかもしれません。もしくは、リッターオーバーとなると輸入車の選択も増えてしまうからなのかもしれません。

 

>>中古車&買取下取状況トップに戻る

大型クラスの中古車バイク流通状況 | バイク買い取り.biz関連ページ

400ccクラスの流通状況
400ccクラスの中古車バイク流通状況について。(2012年調べ)得に流通の多い車種(ゼファー、ZRXなど)や400ccクルーザーが人気なワケについて説明しています。
250ccクラスの流通状況
250ccのバイクの中で流通量の多い車両(ビックスクーターのマジェスティ250C・ドラッグスター250など)や、2013年以降の250ccクラス中古車バイクの流通予想について説明しています。
50ccミニバイクの流通状況
自動二輪免許を所持していない人に、高い需要を持つ50ccミニバイク。原付一種スクーターと比べ値段の高い中古車両の多いミニバイク(エイプ50、モンキー、マグナ50など)、そのワケについて説明しています。
自動二輪の売れ行き状況
自動二輪の新車・中古車の売り上げ状況について。具体的な累売台数から近年のバイク需要について、買取や下取の事を踏まえて分析しています。
軽二輪の売り上げ状況
普通自動二輪のうち、排気量が250cc以下のクラスである軽二輪の売り上げ状況について。現在バイクの中でも非常に人気の高い軽二輪、気になる新車・中古車の需要などについて書かれています。
400ccクルーザーの流通状況
バイク乗りなら誰でも憧れを持っている、クルーザーバイク(アメリカンバイク)。中でも国産で、高価買取や下取りが行われている400ccクルーザー。その人気の理由について書いています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ