400ccクルーザーバイクの買取り・下取りケースと流通状況

400ccクラスクルーザーの新車中古車流通 | バイク買い取り.biz

圧倒的な人気を誇る400ccクルーザーバイクの人気の理由

排気量400ccクラスの中でも中古車流通台数が非常に多く、高価買取や下取も積極的に行われているクルーザー(アメリカン)。その人気は今に始まったわけではなく、ここ数年ずっと変わらずの人気を保ち続けている。はたしてその人気の要因は何なのか? その秘密にスポットを当てて、今回はお話してみようかと思う。

 

400ccクルーザーが人気の理由

国産クルーザーは400ccクラスだけではなく、大型クラスにもある。しかし、自信を持って大ヒットを記録しているというモデルは、400ccクラスばかりが目に付く。その理由は、ハーレーダビッドソンの存在が大きいだろう。

 

「いつかはハーレー!」

 

そう語る400ccクルーザー乗りが多いこと多いこと。そうなのだ。大型自動二輪免許を取得してしまうとクルーザーライダーはハーレーへと流れてしまうのだ。悪い言い方となってしまうのだが、大型国産クルーザーは目に映らなくなってしまう人が多いのだ。

 

一方、ハーレーという大敵の存在しない400ccクラスクルーザーは安泰というわけだ。主にビギナーを中心にライダーの心を射止め、販売台数を安定させている。もちろん、安定しているのは新車だけではなく、中古車も同じだ。
そして買取や下取事例も非常に多く、需要の高さから高価買取にも積極的だ。この先も400ccクルーザーの人気が崩れるようなことは、しばらくはない言い切っていいだろう。

 

ドラッグスターは高価買取・下取ケースが多い!?

400ccクルーザーの中で最も流通しているのは、間違いなくドラッグスター400だ。ホンダのスティードも台数は多く人気もあるのだが、ドラッグスターほどの高価買取・下取がもう行われている状況でもない。ドラッグスターの場合、年式や距離、車両状態にもよるが、20〜30万円台の高価買取・下取ケースも多い。
やはり人気はドラッグスター400が一番だ。

 

車両流通台数はドラッグスター400に劣るが、実のところ最も人気があるのはドラッグスター400クラシックだろう。クラシカルな外観を備えたグラマラスボディはクラスを圧倒し、排気量を除けばハーレーにも引けを取らないクルーザーだ。買取・下取も、30〜40万円台の取引も多く見られる。もちろん、車両状態次第ではもっと高値で取引されることもある。

 

>>中古車&買取下取状況トップに戻る

400ccクラスクルーザーの新車中古車流通 | バイク買い取り.biz関連ページ

大型クラスの流通状況
国産の大型バイク(VMAXやW650など)の中古車流通状況について。リッタークラスモデル、ミドルクラスで人気が高いモデルについてなど。
400ccクラスの流通状況
400ccクラスの中古車バイク流通状況について。(2012年調べ)得に流通の多い車種(ゼファー、ZRXなど)や400ccクルーザーが人気なワケについて説明しています。
250ccクラスの流通状況
250ccのバイクの中で流通量の多い車両(ビックスクーターのマジェスティ250C・ドラッグスター250など)や、2013年以降の250ccクラス中古車バイクの流通予想について説明しています。
50ccミニバイクの流通状況
自動二輪免許を所持していない人に、高い需要を持つ50ccミニバイク。原付一種スクーターと比べ値段の高い中古車両の多いミニバイク(エイプ50、モンキー、マグナ50など)、そのワケについて説明しています。
自動二輪の売れ行き状況
自動二輪の新車・中古車の売り上げ状況について。具体的な累売台数から近年のバイク需要について、買取や下取の事を踏まえて分析しています。
軽二輪の売り上げ状況
普通自動二輪のうち、排気量が250cc以下のクラスである軽二輪の売り上げ状況について。現在バイクの中でも非常に人気の高い軽二輪、気になる新車・中古車の需要などについて書かれています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ