カスタムバイク高価買取りに必要な条件

カスタムバイク高価買取査定の基準とは | バイク買い取り.biz

カスタムバイクは高価買取となるのか?

自慢のカスタムが施されているバイクは無条件で高価買取してもらえると勘違いしている人は意外と多いみたいなんですよね。それも仕方ないかもしれません。何千円、何万円もするパーツが装着されているのですから、その分価値が高くなると安易に考えてしまうのでしょう。

 

しかしながら、買取ではカスタムバイクは低価格での買取査定になるか、高価格での買取査定になるかのの真っ二つに思いっきり別れてしまいます。そして多くの人が、低価格査定に驚きがっくし肩を落としてしまっているかもしれませんね。では、どんなカスタムが査定額を両断してしまうのか、ちょっとまとめてみましょう。

 

 

高価格査定と低価格査定の違いについて

低価格査定のケース

フェンダーやサイドカバー、ステップやグリップ、ハンドル、シートといった外装系カスタムはボルトオンということが多く、気軽に誰もが行いがちです。しかしこれら外装カスタムは高く評価しにくい傾向にあるようです。
特にライディングポジションが大きく変わってしまうハンドルやシートの交換は車両によってはマイナスになるリスクが高いです。

 

外装のセンスが悪くなってしまうのも低価格査定の元です。フェンダーやヘッドライト、テールライトなどを交換してしまえば車両の外観イメージは大きく変わってしまいます。塗装により純正カラーから変わってしまっているのもマイナス要因になりやすいです。個性が強くなりすぎると、買取して商品とするには難しくなってしまうのです。

 

また、フレームの改造など、取り返しがつかないカスタムを施してしまうと急激にバイクの価値を下げてしまいます。時には買取不可能となってしまうこともあります。

 

高価格査定のケース

では逆に高価格査定になりやすいカスタムバイクはというと、それはズバリ、便利系アイテムが多数装着されているケースです。例えば、ETCにナビ、ホットグリップ、充電器など、ツーリングの際に役立つ装備が装着されていると商品としての価値はググッと上がります。特にETCの装備は評価が高いですね。

 

また、ウインドシールドにバックレスト、サイドボックスにトップボックスといったツーリング性の高い装備も高評価されます。外装系カスタムではなく、便利系カスタムが施されていれば、高価買取されやすいと考えてしまっても過言では無いでしょう。

 

外装系カスタムであっても、フルカスタムバイクのように完成度の高いカスタムバイクであれば、相場を無視した高価買取が行われることもあります。ですが、そこまでのカスタムにかけた費用を考えると、高価買取であっても割に合わないかもしれませんが(苦笑)。

 

>>カスタムバイクの高価買取査定ならゲオバイク

お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ