ソフテイルファミリーの買い取り傾向 | バイク買い取り.biz

ソフテイルファミリーの買い取り傾向 | バイク買い取り.biz

ソフテイルファミリーの買取傾向

1966年から18年もの間続いたビッグツインエンジン、ショベルヘッドに変わって登場したのが、
1984年のエボリューションエンジンでした。
そして同年、新型エンジンと同時に圧倒的期待を持って誕生したのが、ソフテイルファミリーでした。

 

新型フレームであるソフテイルフレームは、1957年に終わったはずのリジットフレームそのものの
美しい三角の外観を備えており、発表当時は見るものを圧倒させました。

 

そしてなにより驚かせたのは、リジットフレームの外観を持っていながらも
しっかりとサスペンション機構を有していた点です。

 

フレーム後部の三角型スイングアームは車体下部にしっかりとリアサスペンションを備えており、
現代的なマイルドな乗り心地を備えていたのです。

 

ソフテイルファミリーは、チョッパーテイストの強いFX系と、
ビンテージテイストの強いFL系の2つの流れを持って歴史を重ねていくこととなり
エンジンはツインカム88、ツインカム96と変化はしたものの今でも人気ファミリーとして顕在し続けています。

 

カスタムベースとしても人気のソフテイルファミリー

 

さて、ハーレーのファミリーの中でも最もカスタム色が強いと呼ばれるのが、このソフテイルファミリーです。
バイクを乗るだけでなく魅せることも大好きな人が多いハーレー乗りの間では、
そんなソフテイルはカスタムベースとしても大人気。
需要も高いことから中古車も価格は高く、買取相場も非常に高いです。

 

特に人気が高いのは、エイプハンガーバーやシーシーバー&キングクイーンシートが純正で装着されている
「FXSTCソフテイルカスタム」や、映画「ターミネーター2」でシュワちゃんが乗り回していた「FLSTFファットボーイ」
そして王道のビンテージスタイルにレザーサドルバッグやウインドシールド、
タンデムバックレストといった快適装備が装着された「FLSTCヘリテイジソフテイルクラシック」。

 

純正の状態でカスタム色が強いソフテイルは人気も高く、買取価格も高いです。
それら以外のソフテイルモデルも、やはりカスタムベースとして好む方が多いため、需要は高いです。

 

ソフテイルに搭載されるエンジンはエボリューションからはじまりツインカム88B、
ツインカム96Bと3種類ありますが、やはり新しいエンジンになるほど買取需要は高いです。
特にエボの場合、年式によって構造が異なる点が非常に多いため、
年式が古いほど買取価格は安くなってしまう傾向にあります。

 

 

ハーレーの高価買い取りならゲオバイクがオススメ >>ゲオバイクの詳細はこちら

 

 

 

ダイナファミリーの買い取り傾向

ソフテイルファミリーの買い取り傾向 | バイク買い取り.biz関連ページ

ダイナファミリー
快適で楽しいスポーツライディングを楽しませてくれるダイナファミリーの買い取り傾向について記載しています。
ツーリングファミリー
キングという名にふさわしいのは、ツーリングファミリーの堂々たるハーレーたちでしょう。そのツーリングファミリーの買い取り傾向について記載しています。
スポーツスターファミリー
車体が小柄で日本人にも比較的向いていると言われるスポーツスターファミリーの買い取り傾向について記載しております。
VRSCファミリー
VRSCファミリーの買取傾向について記載しております。VRSCファミリーの高値モデルや、平均的な買い取り相場額など。
ツインカムエンジン
ツインカムエンジンの買取傾向について記載しております。ツインカム88、ツインカム96についてなど。
エボリューションエンジン
エボリューションエンジンの紹介と、現在の買取傾向について記載しております。エボリューションエンジンを搭載したビッグツインハーレーの買い取りについてなど。
ショベルヘッドエンジン
ハーレーエンジンの中でトップ人気を誇るショベルヘッドエンジンの買い取り傾向や高価買取が望めるモデルについて。また、ハーレー買取専門店でない場合の買い取りリスクについても説明しています。
パンヘッド以前のハーレー
パンヘッドエンジン以前のビンテージハーレーの中でも希少性の高いモデルと、買い取り傾向について。また、ナックルヘッドやフラットヘッド等、価値が高いバイクの買い取りの注意点についても説明しています。
カスタムハーレー
カスタマイズしたハーレーの買い取り傾向と売却時のリスクについて。また、カスタムハーレーを高価買取してもらう為のアドバイスも記載しています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ