ツーリングファミリーの買い取り傾向 | バイク買い取り.biz

ツーリングファミリーの買い取り傾向 | バイク買い取り.biz

ツーリングファミリーの買取傾向

100年以上の歴史と伝統を誇り“キング・オブ・モーターサイクル”と称される
ハーレーダビッドソンのラインナップ中でも、最も“キング”という名にふさわしいのは
ツーリングファミリーの堂々たるハーレーたちでしょう。
その姿を道で見かければ、ハーレーに詳しくない小さなお子様でも「ハーレーだ!」と指さしてしまうほどです。

 

ツーリングファミリーの最もたる特徴は、快適かつ多様な性能です。
エンジンからフレームといった基本構成にツーリングに特化した性能が備えられているのはもちろん、
サドルパックやツアーパックといった積載装備、ウインドシールドやフェアリングといったウインドディフレクト装備
さらにオートクルーズシステムやオーディオシステムといった便利機能まで備わっているモデルもあります。

 

一昔前までは、どっしりとしたそのスタイルや、お金持ちの年配の方が多く乗っている傾向にあったため
「おじさんバイク」というイメージを持たれていたのですが、近年では本国アメリカのバガースタイルブームもあり、
若い人にもツーリングモデルに乗る人が急激に増えています。
そのためいまや「おじさんバイク」というイメージは払拭され、スタイリッシュに街乗りからツーリングまでをこなし、
カスタムベースとしてのイメージが新たに根付いています。

 

状態が良ければ高価買取も期待できる。

 

モデルによっては300万円以上の価格という、ハーレーの中でも最も高級なファミリーです。
価格が高い分、買取価格も非常に高いです。
状態がよければ100万円以上はもちろん、200万円台で取引されることも当然あります。
※バイク買取り業者にもよりますが、オススメする査定額が高めのバイク買取り業者はこちらです。

 

ツーリングファミリーは基本的に全てのモデルが高い人気を得ています。
いわゆるツアラーのエレクトラグライド系は、老若男女問わず高い人気を持っています。
クラシックテイストの強いロードキング系は、シンプルでノスタルジックな雰囲気が人気です。
ロードグライド系は、一時不人気の汚名を持ってはいたものの、
今は高い走行性能と快適性能が再評価されて人気を得ています。

 

年式による買取傾向としては、やはり新しい年式ほど高い買取が行われやすく
年式が古いものは極端に買取価格を下げられてしまう傾向にあります。

 

これは、ツーリングファミリーという性質上、長距離ツーリングを重ねて走行距離が大きくなりやすく
また旧年式では6速ミッションでなかったりキャブレター使用、旧エンジンであったりと快適性に劣ってしまうからです。

 

 

ハーレーの高価買い取りならゲオバイクがオススメ >>ゲオバイクの詳細はこちら

 

 

 

買い取り傾向一覧へ戻る

ツーリングファミリーの買い取り傾向 | バイク買い取り.biz関連ページ

ソフテイルファミリー
ハーレーのファミリーの中でも、最もカスタム色が強いと呼ばれるのが、このソフテイルファミリー。そのソフテイルファミリーの買取傾向について記載しています。
ダイナファミリー
快適で楽しいスポーツライディングを楽しませてくれるダイナファミリーの買い取り傾向について記載しています。
スポーツスターファミリー
車体が小柄で日本人にも比較的向いていると言われるスポーツスターファミリーの買い取り傾向について記載しております。
VRSCファミリー
VRSCファミリーの買取傾向について記載しております。VRSCファミリーの高値モデルや、平均的な買い取り相場額など。
ツインカムエンジン
ツインカムエンジンの買取傾向について記載しております。ツインカム88、ツインカム96についてなど。
エボリューションエンジン
エボリューションエンジンの紹介と、現在の買取傾向について記載しております。エボリューションエンジンを搭載したビッグツインハーレーの買い取りについてなど。
ショベルヘッドエンジン
ハーレーエンジンの中でトップ人気を誇るショベルヘッドエンジンの買い取り傾向や高価買取が望めるモデルについて。また、ハーレー買取専門店でない場合の買い取りリスクについても説明しています。
パンヘッド以前のハーレー
パンヘッドエンジン以前のビンテージハーレーの中でも希少性の高いモデルと、買い取り傾向について。また、ナックルヘッドやフラットヘッド等、価値が高いバイクの買い取りの注意点についても説明しています。
カスタムハーレー
カスタマイズしたハーレーの買い取り傾向と売却時のリスクについて。また、カスタムハーレーを高価買取してもらう為のアドバイスも記載しています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ