【国産バイク】スズキ ハヤブサ買取

【国産車の人気車種別】スズキハ ヤブサの買取傾向 | バイク買い取り.biz

メガスポーツで世界的トップクラスの需要を誇るバイク『スズキ ハヤブサ』

逆輸入車という立場ながら、新車・中古車台数は非常に豊富です。
中古車価格は年式・走行距離に応じて幅が広く、特に状態が良いものは140万円台から見られます。ちなみに現行新車価格が156万4500円です。逆に安い車両となると、フルモデルチェンジ以前の年式が新車価格の半値以下で多く見られます。走行距離が極端に多いものとなると、50万円前後という格安車も見られます。

 

中古車価格の幅が広い分、買取・下取においても高価査定と低価査定に分かれがちです。高価査定では100万円台での買取事例があります。100万円に届かずとも、90万円台、80万円台と新車車体価格の半値以上の買取事例が多数です。低価査定となるケースは、走行距離が極端に多すぎる車両、またはフルモデルチェンジ前の低年式という理由が考えられます。しかしフルモデルチェンジ前の車両であっても高価査定事例は多いため、必ずしもそこが価格の差に繋がるとは言い切れません。

 

>>スズキ ハヤブサの中古車を高値で売るなら

 

ハヤブサがデビュー以来常に多くの支持を得ている理由

メガスポーツ(リッターオーバー排気量を持つスポーツバイク)というジャンルは究極の趣味性バイクとして位置するため、広く一般的な需要性はありません。しかしそれでありながらもスズキのハヤブサの人気は素晴らしいものがあります。新車・中古共に高い人気を得ており、買取・下取の需要も高いです。

 

ハヤブサが登場したのは1999年。以降熟成を重ね、2007年には初のフルモデルチェンジを施しています。デビュー以来右肩上がりの人気を獲得している理由は、ハイスペックやルックスはもちろん、量産市販車としては最速のモーターサイクルとしてギネス世界記録に登録されたというイメージが強いです。ハヤブサの影響力は間違いなく大型自動二輪免許所持人口にも関わっているでしょう。

 

固定化された人気でこの先も安定した需要が見込める

走行距離が少なく(数千キロから1万キロ台)で、転倒経験も無く大きな傷が無いハヤブサであれば、まず高価査定を期待して大丈夫でしょう。新車車体価格の半値以上の高価査定はほぼ確実と考えて良いと思います。
人気が完全に固定されている車両なので、この先人気が下落することも無いでしょう。ハヤブサの立場を揺るがすほどのビッグネームを持つメガクルーザーも今のところ目立ってはいません。ただし、年式が重ねられるほど旧年式の価値が少しずつ下がってくる恐れはあると思います。

 

人気の国産車買い取り傾向一覧へ戻る

【国産車の人気車種別】スズキハ ヤブサの買取傾向 | バイク買い取り.biz関連ページ

カワサキ W650
中古車の需要が高く常にトップクラスの流通数を誇るバイク、カワサキW650の買取・下取について。車両の状態や走行距離から買取価格が変わることや、通常モデルとクロームモデルでは車体価格が異なることについても書いています。
ヤマハ YZF-R1
スズキ YZF-R1はベテランライダーやリターンライダー、またビギナーライダーの憧れの的にもなっている需要が高く人気のバイクです。買取・下取において高価査定が見込める大型二輪の、平均価格から人気の秘訣について書いています。
ヤマハ ドラッグスター400
中型クルーザーバイクで常にトップを争う、ヤマハのドラッグスター400について。高価査定が見込めるモデル(カスタム・年式)や査定額についてなど、DS400の買取・下取り状況について説明しています。
ヤマハ ドラッグスタークラシック400
ヤマハ ドラッグスター400(DS400)の派生モデルとして登場したヤマハ ドラッグスタークラシック400(DSC400)について。流通量や、買取・下取を前記事のDS400と比較して説明しています。またカスタム具合による買取額の変化についても記載されているので参考までに。
カワサキ ゼファー400χ
カワサキのネイキッドバイクと聞いて思いつく、ゼファー400χ(カイ)について。ホンダのCBシリーズに隠れながらも、中型車で高い人気を獲得しているゼファー400。しかし生産台数の少なさから、中古車の需要が高いなど相場状況について説明しています。
ヤマハ ドラッグスター250
国産クルーザーの代表ともいえる、ヤマハのドラッグスターシリーズ。その末弟して軽二輪区分のクルーザーとして登場した、ドラッグスター250(DS250)について。ビッグスクーターにも劣らず、今も尚現行新車販売を行っているDS250の需要の高さと買取・下取り状況を解説しています。
カワサキ ニンジャ250R
カワサキの250cc定番モデル「ニンジャ250R(Ninja250R)」の買取り、下取り状況について。2013年には新型のニンジャ250がフルモデルチェンジされて登場しました。それによる今後の中古車流通状況や現在の走行距離などを踏まえた査定額などを書いています。
スズキ イントルーダークラシック
ドラッグスタークラシックとも肩を並べる定番クルーザーである、『スズキ イントルダークラシック』の買い取り状況について。需要に対して生産数の少ないことから、高価買取が期待できるモデルを紹介。またどの様なカスタムや装備が高額査定につながるかも説明しています。
ホンダ PS250
生産機関が短く販売台数の少ない、ホンダ・PS250の買い取り傾向について。インターネットで流通している中古車バイクの車両台数を掲載。走行距離や車両の状態による高価査定の事例なども紹介しています。
カワサキ W800
カワサキのレトロシリーズを代表するW650をベースとして造られた、W800の中古車買取り傾向を紹介しています。実際の店舗で売られているW800の新車・中古車の価格目安を掲載。高価査定が期待できる車体条件やモデルについても説明しています。
スズキ GSR250
軽二輪クラスの代表格ともいえるスズキ・GSR250の買取り状況を紹介しています。インターネット上での中古車買い取り価格と流通台数を掲載。車体の状況やETCオプションを踏まえた査定価格の目安も説明しています。
ホンダ VTR250
1997年の登場以来10年以上のロングセラー、ホンダ・VTR250の買取り状況を紹介しています。FIモデルの買い取りだけでなくキャブモデルの買取、さらにインターネット上での中古車買い取り価格と流通台数を掲載。車体の状況やETCオプションを踏まえた査定価格の目安も説明しています。
ホンダ CB1100
新車価格の半値以上での高額買い取りも期待できるホンダ・CB1100の買取り状況を紹介しています。ABSモデルの買取りに加えて廃止となったハンドルタイプ2の買取、さらにインターネット上での中古車買い取り価格と流通台数を掲載。車体の状況やETCオプションを踏まえた査定価格の目安も説明しています。
カワサキ Z250
大人気の軽二輪であり中古市場の流通量も少ないため、新車価格の半値以上での高額買い取りも期待できるカワサキ・Z250の買取り状況を紹介しています。 新車の値引き状況から分析したインターネット上での中古車買い取り価格と流通台数を掲載。車体の状況を踏まえた査定価格の目安も説明しています。
カワサキ ニンジャ250
発売開始3日以内に完売を迎えるほどの大人気で、中古も少なく新車価格と中古価格の差が少ないことからも高値での買い取りが期待できるカワサキ・ニンジャ250の買取り状況を紹介しています。新車の値引き状況から分析したインターネット上での中古車買い取り価格と流通台数を掲載。車体の状況を踏まえた査定価格の目安も説明しています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ