軽二輪クラス / ロードバイクモデル買取

【ロードバイクの車両区分別】軽二輪クラスロードバイクの買取傾向 | バイク買い取り.biz

ネイキッドやスポーツモデルが充実した、軽二輪クラスの買取・下取り状況

軽二輪バイク

軽二輪クラス(排気量250ccクラス)の人気と買取需要は長らく安定しています。免許や法律が改正されて軽二輪も車検制度が導入でもされない限りは、今後も安定に影響が及ぶことは無いでしょう。

 

このクラスでの現行国産ロードバイクモデルの主軸はデュアルバーパスモデルがまず第一にあげられます。ヤマハWRシリーズは70万円台の新車価格と、軽二輪ロードバイクモデルの中でも高価格設定となっていますが、レースシーン譲りのハイスペックにより高い人気を得ています。エントリーモデルとしては、同じくヤマハにセローやトリッカーといった車両も用意されています。ヤマハ以外では、ホンダの低価格デュアルバーパス、CRFシリーズも現在注目を浴びています。

 

近年はネイキッドやスポーツモデルも充実してきております。ホンダのCBR250R、スズキのGSR250、カワサキからは新型ニンジャ250が予約ですでに初年度モデルが完売するほどの人気を見せ、さらにストリートファイタースタイルのZ250も登場させています。レトロ系はカワサキのエストレヤ、クルーザーではヤマハのドラッグスター250が相変わらずの高い人気を保持しています。

 

 

>>軽二輪ロードバイクモデルを高値で売るなら

 

軽二輪ネイキッドの買取需要上昇中!

それでは、買取需要としての軽二輪の人気具合を探ってみるとしましょう。
まず結論から先に述べると、現在は軽二輪クラスのネイキッド車両の需要が高い傾向にあります。

 

この理由はいくつか考えられます。まず第一に若い人がなるべく維持費を抑えてバイクに乗りたいと考える人が増えたことが理由としてあげられます。昨今は普通自動二輪免許を取得したエントリーライダーは400ccクラスではなく250ccにまずは手を出すという人が目立つようになりました。そして、無難にバイクとしての魅力を備える軽二輪ネイキッドに魅力が集中していると考えられます。また、ビッグマシンからのスケールダウンライダーも目立ちます。そのようなライダーに無難に人気なのも、やはりネイキッドモデルとなります。

 

人気車種としては、現行ラインナップされているモデルであれば、まず高価買取が間違いありません。絶版モデルとしては、ホンダのホーネット250の高価査定が目立ちます。特に高い査定では、30万円前後での取引も確認されています。走行距離が1万オーバーや2万オーバーでも比較的高価査定を記録しています。

 

その他モデルの買取としては、車体価格の高いヤマハデュアルバーパスのWRシリーズ、クルーザーのドラッグスター250は手堅いです。また、絶版クルーザーのイントルーダー250LCやマグナ250なども、車両状態次第では高価買取が目立っています。

 

 

人気のロードバイク買取傾向一覧へ戻る

【ロードバイクの車両区分別】軽二輪クラスロードバイクの買取傾向 | バイク買い取り.biz関連ページ

原付二種クラスロードバイク
原付二種クラスのロードバイクモデルの買取傾向について。ホンダのスーパーカブやエイプ100、カワサキのDトラッカーやYZF-R1などの人気車種をピックアップしてバイクの買い取り状況を紹介しています。
中型二輪クラスロードバイク
主に若者に需要がある中型二輪ロードバイクについて。エントリー入門車として優秀な中型二輪クラスの買取傾向を説明しています。
大型二輪クラスロードバイク
近年も新型ラインナップが多く登場している、大型二輪クラスロードバイク買取状況について。趣味性の高いスーパースポーツモデルの買取需要を紹介。希少価値が高い、国産絶版車モデルのバイク買取も見逃せません。
海外のロードバイク
国産メーカーを圧倒する勢いを見せる海外のロードバイク買取状況。特に代表的なハーレーダビットソンやBMWといった大型クラスの買い取り需要を紹介。また景気に左右され、軽二輪や原付二種クラスでも動きを見せていることについて説明しています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ