海外(輸入車)スクーターの買取り

【スクーターの車両区分別】海外(輸入)のスクーター買取傾向 | バイク買い取り.biz

国内メーカーにはない海外の個性的なスクーターバイクの買取り状況

日本におけるスクーターのイメージは若者のビッグスクーター、そして実用性の高い原付二種クラススクーターの2つが大きいものですが、そこにもう1つ忘れず加えておきたいのが、海外の個性的なスクーターです。イタリアのピアジオグループはベスパが展開するトラディショナルイタリアンスクーターをはじめ、お洒落で趣味性の高いスクーターは一部から高い支持を受け続けています。

 

海外スクーターはヨーロッパ以外にも台湾や韓国といったアジア圏にもあり日本に輸入されているのですが、日本において最も大きなシェアを持っている海外スクーターメーカーは、イタリアのピアジオグループでしょう。ベスパブランドスクーターをはじめ、前輪に2輪を有するスリーターのMP3シリーズ、ジレラスポーティスクーターのランナーシリーズ、アプリリアのスカラベオシリーズなど、多数のお洒落なスクーターを日本で展開しています。
お洒落なルックスが人気の秘訣であるのはもちろん、それ以外にも日本の同クラススクーターに比べてコンパクトでパワフルといった点も受けています。

 

また、新たに海外スクーターとして人気が高まりつつあるのが、屋根を標準装備したオールウェザー型スクーターです。マラグーティのブログルーフシリーズや、アディバのADシリーズなど。快適性を徹底的に追求したスクーターモデルがヨーロッパでは人気を得ており、その影響は日本にも上陸しつつあります。

 

 

>>海外のスクーター(バイク)を高値で売るなら

 

輸入車(バイク)も買取先をしっかり選べば高価買取が可能!

海外スクーターは最も買い取り場所を選ぶ必要がある車両といえます。輸入車でもハーレーダビッドソンやBMWのように全国に大きく展開しているメーカーでは無いため、どんなお店でもある程度対応できるという柔軟性のある輸入車ではないからです。例をあげると、買取しても整備の知識が無い、部品が無い、手間がかかる、よって買取額を下げる、となってしまうのです。

 

また、車両自体がマイナーと言うこともあり、大手チェーン店やスクーターに詳しい店でもない限り車両を知らない、または適正な相場買取価格が分からないという可能性もあります。よって価値ある車両でも低価格を付けられてしまう可能性もあるのです。

 

輸入車の買取は大手チェーン店で行うべき

リスクはあるものの、日本国内での流通数が少なく希少な面もあることから、しかるべき場所で買取をお願いすれば間違いなく正当な評価を得られます。近場に専門店でもあれば良いですが、必ずしもそんなお店が近くにあるとは限らないでしょう。そんな場合は相場価格をしっかりと持っている大手チェーンにお願いするのが無難でしょう。

 

 

人気のスクーター買取傾向一覧へ戻る

【スクーターの車両区分別】海外(輸入)のスクーター買取傾向 | バイク買い取り.biz関連ページ

原付二種クラスのスクーター
手軽なバイクとして全世代で人気が高い、原付二種クラス主力であるスクーターの買取り状況について。名高いスズキのアドレスシリーズやホンダのリードEXといった、需要が高いバイクを中心に具体的な買取事例を紹介しています。
軽二輪クラスのスクーター
軽二輪クラスのスクーターであるビッグスクータの買い取り傾向について。小型スクーターの代表である「ホンダ OCX150」や、「ヤマハ マジェスティS」の買取り需要も説明しています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ