軽二輪クラス / スクーターの買取状況

【スクーターの車両区分別】軽二輪クラスのスクーター買取傾向 | バイク買い取り.biz

趣味と実用性を兼ね備えた軽二輪クラスのスクーターの買取り傾向

軽二輪スクータークラスというと、かつて多くの若者の間で流行したビッグスクーターブームがまだ記憶に新しいです。ブームの影響により様々なビッグスクーターが誕生し、そして中古車も驚きの需要を見せていましたが、2013年現在、ブームの勢いは収まり終息に向かっていると言えるでしょう。

 

ラインナップではまだまだロードモデルと並ぶように充実しており、カワサキを除けばスズキのスカイウェイブシリーズにヤマハのマジェスティ、ホンダのフォルツァなどがしっかりと揃っています。ただし、どんどん充実化をしつつある軽二輪ロードスポーツモデルに比べると、寂しさは拭えません。

 

しかしながら、このクラスのスクーターに注目が無いわけではありません。その鍵となっているのは、クラス排気量制限いっぱいの250ccクラスではなく、150ccクラスという控えめな排気量に抑えた小型スクーターです。代表的モデルとしてはホンダのPCX150。こちらはメーカーの予想を裏切る大ヒットを国内で記録し、高い需要が現在進行形です。この対抗馬としてヤマハはマジェスティSのコンセプトモデルを発表。
コンパクトで燃費に優れ、さらに高速道路にも乗れる実用と趣味を両立する新たなモデルとして今後、このクラスが新ビッグスクーターブームとして流行する可能性が十分にあります。

 

 

>>軽二輪クラスのスクーターを高値で売るなら

 

絶版ビッグスクーターは需要低下?

ビッグスクーターの買取ケースは非常に多く、特にヤマハのマジェスティ250Cなどはビッグスクーターブームの並に乗って若者の間でヒットしたモデルで、今でも多くの買取取引が行われ、チェーン店でもよく見かける絶版ビッグスクーターです。

 

一昔前のビッグスクーターブームであれば店頭に並べばすぐに売れていくほどの人気モデルだったのでしょうが、
買取価格が非常に落ち着きつつあるところを見ると、やはりブームは人段落したものと理解できます。走行距離が数千キロという極上車であれば20〜30万円台の買取事例もありますが、大半は走行距離が1万キロ以上、買取価格は10万円台、もしくは数万円というところまで下がっています。その他絶版ビッグスクーターの買取価格も低さが目立ちます。

 

現行ビッグスクーターの買取相場はというと、年式と走行距離相応です。ただし、それでもロードバイクに比べたら評価価格は低いようで、新車車体価格を超えるような高価買取事例は少ないようです。

 

 

人気のスクーター買取傾向一覧へ戻る

【スクーターの車両区分別】軽二輪クラスのスクーター買取傾向 | バイク買い取り.biz関連ページ

原付二種クラスのスクーター
手軽なバイクとして全世代で人気が高い、原付二種クラス主力であるスクーターの買取り状況について。名高いスズキのアドレスシリーズやホンダのリードEXといった、需要が高いバイクを中心に具体的な買取事例を紹介しています。
海外のスクーター
個性的な海外メーカーの輸入車(バイク)スクーター買取状況。最近注目を集めている、マラグーティのブログルーフシリーズや、アディバのADシリーズなど。オールウェザー型スクーターバイクについても紹介しています。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ