バイク 買い取りのための洗車/バイク 買い取り 相場

バイク買取りのための洗車で傷をつけないために | バイク買い取り.biz

買取前の適当な洗車は傷を増やすだけ

汚れたバイクに乗るのは気持ちよくありません。ですから、皆さん洗車は定期的に行うことと思います。バイクの場合はクルマと違って洗車機に通すなんてことはできませんから、自分の手で可愛がるように洗っていることと思います。しかし、洗車のやり方が悪いとバイクに余計な傷を増やしてしまうこととなります。傷が増えれば見た目の印象が悪くなり、そしてバイク買取時の印象も悪くなってしまいます。

 

 

【土埃などはまず優しく払う】

バイクは長く動かさないでおくと、風によって運ばれてきた土や埃がどんどん蓄積していきます。これら細かい粒子を手で払ったり指でなぞってしまうと、粒子が車体をこすって擦り傷をつけてしまいます。やすりをかけたような状態になってしまうのです。傷防止のコーティングが施されているような強い外装表面はそうそう傷はつきませんが、プラスチックパーツやマットコーティング部位というのは簡単に擦り傷がついてしまいます。

 

もしバイクに土や埃が積もっていたら、ハンディモップのようなアイテムで優しく払ってあげましょう。モップの先が軽く車体表面に触れる程度で構いません。ゴシゴシと強くモップを当ててしまえば、手で払ったり指でなぞったように傷をつけてしまう恐れが出てきます。エアコンプレッサがある人は、空気で土や埃を飛ばしてしまうのも良いでしょう。

 

 

 

【汚れの付着が酷い場合は水をかけて浮かせる】

土や埃がモップやエアコンプレッサの力では取り除けないこともあります。湿気や雨といった水分によって、土や埃が強く車体に付着してしまっているのです。これら強い汚れを取り除く場合は、水をかけてあげれば落ちやすくなります。水をかけて土埃を浮かせて流し、そしたら洗剤を使った洗車に移りましょう。

 

水をかける際は、バケツでドカッと浴びせるようなことはやめましょう。じょうろやシャワーなどで、優しく車体に水を当てましょう。それから車体に水をかける時は上から下が基本です。下から上に向かってシャワーを当てたりすると、あまり水が好ましくない部分にまで水が当たってしまいやすいため、トラブルを起こしてしまいかねません。

 

 

 

【車体を洗う際は綺麗なウエスで優しく】

洗車で濡れた車体の水を取り除くため、またはワックスがけなどでウエスを使用するかと思います。この時、ウエスは綺麗なものを使っていますか? もしウエスに土や埃といった粒子が付着していたとしたら、それで車体をこすれは傷をつけてしまう恐れがあります。また、ウエス自体がざらざらした触り心地でも傷をつけてしまうかもしれません。

 

洗車の際に使用するウエスは、各自使い分けましょう。洗車用、水のふき取り用、ワックスがけ用など、また金属用、樹脂用、ガラス用など、部位によっても使い分けても良いくらいです。ウエスは量販店に売っている洗車用が無難ですが、着古したTシャツを再利用するのもオススメです。

お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ