CT110ハンターカブの買取り価格

ハンターカブの中古車買取需要

CT110ハンターカブの走行性能と特徴

オンロードのみならずオフロードも楽しむことが求められたスーパーカブの派生モデル、CT110。通称ハンターカブ。悪路走行を意識した数々の装備が備わったスタイリングに105ccのタフなエンジンを搭載。カブの中でも非常に遊び心に溢れた趣味性の強いモデルです。

 

日本国内モデルとしては1981年に発売されましたが、2年後の1983年にラインナップから外れています。しかし輸出モデルとして活躍していたことで逆輸入車という形で手にすることが可能でした。なお、2012年にニュージーランド仕様が生産終了となったことで販売が終了してしまいましたが、ハンターカブと同様にレジャー性の強いクロスカブが2013年より発売されています。

 

スタイリングはレジャー的要素が強いというのがハンターカブの特徴です。フロントにはテレスコピックフォークとアップハンドルを備え、スーパーカブ特有のレッグシールドは廃されています。車体カブにはスキッドプレートが装着され、マフラーはダートマシンらしいアップタイプとなっています。エンジンは排気量105cc単気筒ユニットを採用し、ミッションには自動遠心クラッチ4速式を採用しています。

 

流通台数が少ないハンターカブの中古需要について

ハンターカブの流通数は多くありません。逆輸入モデルでの新車を含めても100台に届きません。中古車両に限って数えてみると、20台〜30台ほどしか確認できませんでした。中古価格はスーパーカブモデルと比べると若干高く、平均的には25万円前後、安いものでも10万円台が中心です。高いものでは50万円を超えるハンターカブもありましたが、こちらは国産モデルによるプレミアが発生している車両のようでした。

 

中古車で20万円台が平均的と高め傾向であるため、買取においても高値が付きやすくなっています。安いものでも5万円〜10万円、高いものでは15〜20万円での取引が確認できました。逆輸入モデル新車購入で車両状態が良いようであれば、20万円前後は十分狙えるかと思います。ちなみに、ホンダ逆輸入車取扱ブライトによる新車価格は42万8000円です。

 

逆輸入としてのハンターカブも幕を閉じてしまったことから、今後中古車需要はさらに高まるものと思われます。ホンダから現行でクロスカブが発売されはしましたが、ハンターカブの人気を脅かして価値を下げてしまうほどの力は個人的には無いと思います。今後は買取価値は少しずつ上がっていくのでは? と、予想しています。手元にあるハンターカブを高価格で売るなら、バイクの査定額が高めの買取業者ランキングを確認しましょう。

中古車の需要が期待されるCT110(ハンターカブ)の買取価格 | バイク買い取り.biz関連ページ

なぜカブは高く売れるのか?
査定額が高めで安定している人気車種のホンダ・スーパーカブの魅力や、歴史。高値買い取りにつながる理由を説明しています。業者に少しでも高く売るためのテクニックやポイントなど。
高値買取期待大のスーパーカブ110
HONDAの人気車種スーパーカブ110の特長と高値で買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub110の中古相場やと高く売るために気をつけなければならない点など。
生産終了後も高値買取期待できるスーパーカブ90
2008年の生産終了後も中古車市場で根強い人気を誇るHONDA・スーパーカブ90の特長と中古車市場で高値買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub90の中古相場やと高く売るための店選びなど。
カブの中でも超希少種!スーパーカブ70
2004年の生産終了後も独特な排気量のため希少性の高いHONDA・スーパーカブ70の特長と90cc、100ccとの関連、中古車市場で高値買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub70の中古相場やと高く売るための店選びなど。
カブの中で販売台数No.1。スーパーカブ50
原付免許で乗れ、カブシリーズ中最大の流通量を誇るHONDA・スーパーカブ50の特長と歴史、100ccとの関連、中古車市場での祭祀モデルの流通量や高値買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub70の中古相場やと高く売るための店選びなど。
若い女性ライダーに人気のリトルカブ
1997年以降に発売されたホンダのリトルカブ買取傾向について。若い女性に人気が高いバイク(二輪)の特徴、リトルカブの中古車が今でも高価格で取引される理由を紹介しています。特に2007年以降に発売されたインジェクション仕様をお持ちの方は必見!
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ