スーパーカブ90の特長と買い取り傾向

生産終了後も高値買取期待できるスーパーカブ90 | バイク買い取り.biz

生産終了でも高価買取の期待大!< スーパーカブ90編>

ホンダ スーパーカブ90

スーパーカブ90の特長

現行モデルのスーパーカブ110が登場する以前に活躍していた原付二種モデルカブ、スーパーカブ90。
90カブの歴史は40年以上と長く、生産終了は多くのファンにショックを与えるほどの出来事でした。
現在でもあえて現行の110ではなく90を欲するカブファンもいます。

 

“90”を車名に関するカブが登場したのは1964年のカブCM90。排気量OHVエンジンと自動遠心3段ミッションを組み合わせたモデルで、この時点ではまだ“スーパーカブ”ではありませんでした。車名がスーパーカブとなったのは、1966年にSOHCエンジンを搭載したC90からであり、このモデルからスーパーカブ90の歴史がはじまったと見ることもできます。

 

1971年には他排気量スーパーカブ同様にデラックスモデルが登場。シート下のタンクを一体プレス構造とするニューボディを採用するなど、一段と豪華で扱いやすいスーパーカブとなりました。
1980年には70cc版エンジンをベースにした排気量85cc新エンジンを搭載、翌年にはスーパーカブシリーズ全車共通の新型ボディを採用し、車名から“C”も消えました。その後熟成を重ねるも排ガス規制の影響で2008年に製造終了。活躍は翌年に登場した後任の110ccモデルに譲っています。

 

 

 

スーパーカブ90の買取傾向

1960年代より活躍しているモデルのため、中古車両台数は豊富です。軽く調べてみても100台以上の中古車が確認できました。
走行の無い新車状態という車両は確認できませんでした。中古車価格平均は10万台が多く目立ちますが、中には20万円近い中古車も確認できました。

 

最も高いものではプレミア化しているのか、30万円近い車両もありました。外装状態が非常に良く、距離も数千キロ、年式は不明でした。

 

買取事例は思ったより確認できませんでした。理由としては壊れないという理由や長く酷使するオーナーが多いために頻繁に買取に出ないのではとも考えられます。これは90に限らず他のカブモデルにも言えます。安い買取事例では1万円前後もありましたが、高価買取では10万円前後も確認できました。スーパーカブ110が登場した現在での買取額としては、10万円前後で十分な高価買取と言って良いでしょう。

 

極端に年式が古いものの機関状況は良好といった車両の場合は、スーパーカブの取扱いに特化したお店を探して買取をお願いするのも手です。そういったお店であれば低年式であっても欲しがるお客さんが訪れやすいため、買取に対しても積極的に応じてくれます。

 

 

>>無料でスーパーカブ90の買取査定を依頼するなら

生産終了後も高値買取期待できるスーパーカブ90 | バイク買い取り.biz関連ページ

なぜカブは高く売れるのか?
査定額が高めで安定している人気車種のホンダ・スーパーカブの魅力や、歴史。高値買い取りにつながる理由を説明しています。業者に少しでも高く売るためのテクニックやポイントなど。
高値買取期待大のスーパーカブ110
HONDAの人気車種スーパーカブ110の特長と高値で買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub110の中古相場やと高く売るために気をつけなければならない点など。
カブの中でも超希少種!スーパーカブ70
2004年の生産終了後も独特な排気量のため希少性の高いHONDA・スーパーカブ70の特長と90cc、100ccとの関連、中古車市場で高値買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub70の中古相場やと高く売るための店選びなど。
カブの中で販売台数No.1。スーパーカブ50
原付免許で乗れ、カブシリーズ中最大の流通量を誇るHONDA・スーパーカブ50の特長と歴史、100ccとの関連、中古車市場での祭祀モデルの流通量や高値買い取りされる人気の理由をまとめました。SuperCub70の中古相場やと高く売るための店選びなど。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ