ホンダPCX150下取り査定

バイク買い取り体験談「PCX150」

タイトル

買取・下取体験プロフィール

  • 依頼者……男性
  • 依頼車両…ホンダ・PCX150
  • 依頼理由…欲しい車両があったので下取依頼
  • 依頼場所…小さな買取業者での下取

 

バイクの買取・下取体験談「ホンダ・PCX150編」

知り合いのお店で聞いた買取事例です。別のお店でPCX150を購入したそうですが、あまり乗らなかったので行きつけだったお店に下取での乗換をすることにしたそうです。走行距離は5000km以下で外装は新品とほとんど変わらない極上状態だったそうです。車両状態は極めて良く、購入店に買取をお願いしたとしてもかなりの高価価格だったのですが、下取して乗り換えたい車両が無かったので、行きつけのお店で査定を依頼しにきたとのことです。

 

PCX150は希少車種!交渉は強気に

下取をお願いされたお店は買取に特化したお店でしたが、取引事例が極端に少ない希少車両ということで査定に少々困ってしまったそうです。悩んだ結果、購入店での買取査定を参考に、乗換先のバイクの見積もりと同じ値段で買取を決めたそうです。バイク買取の相場を知るには、ネットの査定サービスを利用するのも良いでしょう。

>>バイク買い取りのネット査定はこちら

 

下取査定の結果はお店から聞いた情報ゆえ正確には教えられませんが、軽く20万円は超えていました。メーカー希望小売価格が約33万円という価格から考えて相応の価格でした。依頼したお客さんも十分に満足して下取をお願いしたそうです。ちなみに、下取りしたPCX150は引取り直後に飛ぶように売れたとのことです。

 

ホンダ・PCX150は2013年春現在最も需要が高いモデルの1つ!

PCX150は供給が需要に追いついていないのが現状。タイ生産ということで生産と出荷が間に合っていないのだ。登場させたものの、ホンダの予想以上に需要が高かったというのが、間違いなく要因のひとつだ。

 

そのため、中古車需要は異様に高い。まず高価買取が間違いない。上記のような車両状態であれば、新車価格に限りなく近い買取・下取が行われても全くもって不思議ではない。お店としても引き取った後に在庫リスクとして抱えにくい車両は利益が少なくなろうともお客さんを確保するためにギリギリ一杯の高価査定を出してきてもおかしくは無い。

 

ただし、今後流通が安定化するか、対抗馬の登場により超高価査定傾向が落ち着いてくる可能性もある。例えばヤマハがモーターサイクルショーで発表したマジェスティSが市場に出てくればPCX150の独壇場では無くなるため、少しは価値が落ち着いてしまうと思う。

 

バイク買取査定の体験談一覧

ホンダPCX150は希少車種!バイク買取・下取査定の体験談|バイク買い取り.biz関連ページ

走行距離3万キロのDSC400買取査定を体験
長年乗り続けた愛車「ドラッグスター400(DSC400)」下取り査定の体験談。走行距離が高めのバイクを高く売る方法、店舗でバイク買取査定時の会話などを掲載しています。二輪車のオプションパーツによる高価査定のポイントについても確認しましょう。
スズキ・アドレスV125Gの買取査定
実際に店舗でバイク買取・下取りの査定をした体験談を紹介しています。走行距離3万キロ越えで傷が多い二輪を試しに査定額を出してもらっています。値段がつかないと思う愛車もこの記事を参考に査定を検討してみてはどうでしょうか。
お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ