高く売れるバイクの種類とは?

高く売れるバイクの種類とは? | バイク買い取り.biz

高く売れるバイクの種類とは?

バイクには、高く買い取ってもらいやすい種類があります。

 

50ccのバイクで高く売れるのは?

50ccのバイクの買い取り価格を決定する要素で一番大きなものが、人気の度合いです。
人気のあるバイクほどオークションで高く売れますから、買い取り価格も当然高めになるわけです。
人気車種の場合は、故障や傷などよりも人気の度合いが査定において重視されやすいようです。

 

逆に人気がないバイクの場合はバイク屋さんが保管する期間が長くなり、
維持費がかかるためその分安く買い取られてしまうことになります。

 

マニュアル変速の50ccのバイクにはプレミアがつきやすい車種があります。
とても人気のある車種で、生産中止になっているバイクなどは、特に高く売買されます。
また、マニュアル変速で改造車が人気の車種の場合は、手の込んだ改造車ほど価格も高くなります。

 

また、スクーターは全体的に高く買い取られやすい傾向にあります。
スクーターは整備や修理のしやすい作りになっているため、少しくらいの故障は買い取り価格にあまり大きな影響がありません。また需要が高く、市場価格もそれほど上下しないため、買い取り価格も安定しています。

 

 

中型〜大型のバイクで高く売れるのは?

 

中型〜大型のバイクも50ccのバイクと同じように、人気の程度によって買取り価格が変動します。
安定した人気を誇るバイクには、HONDAのNSRやkawasakiのゼファーなどがあります。

 

さらに、人気のある車種であっても、形式の違いによって価格は変わります。
マイナーチェンジを何度も繰り返した車種は特にそうです。
大抵の場合、古い形式よりも新しい形式の方が価格は高くなります。

 

レースで活躍するバイクの模造品である、レーサーレプリカと呼ばれるバイクの場合は、400cc以上であれば車種によっては安定した人気があり、高く買い取られます。しかし、それ以下の排気量のレーサーレプリカはあまり人気がなく、買い取り価格も安くなることが多いようです。

 

400cc以上のバイクの場合は、ほとんどの車種にも安定した見込み客が付いているため、買い取り価格も安定しています。特に新しい車種であれば、極端に安い買い取り価格が提示されることは少ないようです。

 

 

お気に入りに追加

バイクの買い取り相場と査定額が高めの業者ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ